オランダへの道

日本から連れてきた犬2頭とオランダ人パートナーと2人の息子との生活日記。



12月の初めに太郎と次郎の柔道の試験がありました

年に2回あります

日本でも同じシステムか分からないけど
オランダではスリップと言って
帯に着ける短い布があります

まず白帯の時にスリップ6段階を経て
やっとこさ黄帯、
そこからはスリップは少ないですが
とにかく白帯から黄帯までの道のりが遠い気がする

こんな感じ ⬇︎


(インターネットから写真拝借)

私は折角なので過去に貰ったスリップも一度解いて
短く切ってもう一度縫い付けています
そうすると全部のスリップも残るしね

今回は
太郎は、白帯✖️オレンジスリップ→緑スリップ
次郎は、白帯✖️黄色スリップ→オレンジスリップ
にチャレンジ



場内寒かった~🤧

子供達は全員柔道着だけで長い待ち時間
寒かったはずね



まずはジロりん









そしてタロりん









そして試験後にみんな大好きライオンゲーム



その後頑張ったあかし、
新しいスリップを受け取る









2人共、よく頑張ったね
練習も試験も!!
とても誇らしいわ😊





その晩、チクチクちくちく🥋
下手~😅
でも愛情たっぷりよ














スポンサーサイト

11月の初めの土曜日
ジロりんの待ちに待った水泳レッスン
が始まりました🐬





指先にちょいチカラ入っちょる(笑)









ずっと見ていたいけどそれはダメなのです
子供達が集中出来なくなるのでしょう、
プールに🚦信号があって
レッスン始まって5分したら
緑信号 ➡︎ 赤信号へと変わる😬
で親はここで退散しなきゃいけない
レッスン終了の5分前から再び信号が緑に変わる

なのでカフェで待つ



楽しんでいるかなぁ、
上手に泳げるかな
怖がってないかなぁ

とかいろいろ考えながら😅



そんな最中赤ちゃん返りするタロりん😂



まだ座れるんや、と驚いたけど

そして45分のレッスン終了
戻って来たよ



楽しかった、だって
良かったー‼️




ぷぷぷ


これからディプロマとれるまでは
毎週水泳だーーー🏊

頑張れ、タロりん
頑張れ、ジロりん



















(この記事は2016年6月26日に書きました)




オランダでは子供が泳げるというのはとても重要な事です

それはオランダの国土の1/4が海面より低いので
地球温暖化による海面上昇なんかも
かなり影響を受けます

水害に備えてオランダでは子供たちは水泳教室へ通ってディプロマを修得する必要があります

その内容は日本の水泳教室とは少し違うところは、
もちろん普通のスイミングに加えて立ち泳ぎ、
そしてTシャツやサンダル、
上級になると長靴とレインコートを来て泳いだりします

これは水害や運河に落ちた場合を想定しての訓練です

私も幼い頃オランダに住んでいた時に修得しました


そして3月の中旬から太郎も水泳教室へ通うことになりました


待ちに待った初レッスン日★

私たちは早めに来たのでみんなで遊びます

お風呂の際顔を水につける時「カトちゃん、ペッ」をする次郎(笑)
もちろんこれでは防水にはなっていないのだけど
本人はこれがお気に入り

「プールで水に顔をつけれる様になったよー!ママー!!」のご自慢シーン😁









YES!!!



😆

そうこうしているうちに
いよいよ、初レッスンが始まる





とても積極的な太郎!







本当に楽しそうでこっちまで楽しくなる❤︎





数ヶ月前まではお風呂の時に
髪の毛洗う時に顔に水がかかる度に、
「ママー!!doekje doekjeeeeeee!!!!」
(doekje ☞小さなタオル)
とパニクっていたのに、成長したの~🤘





じろりんもパパと楽しんでいる♫





インストラクターから「ハイ・ファイブ」✋🏻👏🏻











太郎の初レッスン、思った以上頑張っていました

がんばったね、たろりん
カッコよかったよ
これからもたろりんが楽しいと思って
いっぱい泳げる事を
ママは願っているよー★

そしてじろりん
5歳になったらレッスン始めようね★