オランダへの道

日本から連れてきた犬2頭とオランダ人パートナーと3人の息子との生活日記。



10月6日の朝、私達の次男が無事産まれました


前夜の11時過ぎから軽い陣痛が始まり、
それからシャワーを浴び、助産婦院 (kraamhotel) に持参するものをパッキング。
6日の午前3時半頃に助産婦さんに電話、20分後に到着、
既に子宮口が5~6センチ開いていて経産婦なので
後30分も遅かったら車で助産婦院に行くに行けなくなるってことで
助産婦さんと慌てて2台で出産場所のkraamhotelへ向かう、
太郎はまだ寝ているのでお隣さんにベビーフォンを預けて
バスの両親に家に来てもらうように移動中に連絡し
早朝なので5分程度でkraamhotelに到着。

Kraamhotelに到着してからすぐ部屋に移動、
そこから陣痛と子宮口が開くのを待つのみ。

10

今回は助産婦さんが「今日は夜まで予定無いから付き合えるわ」
と言ってくれ呼吸法をリードしてもらってかなり陣痛逃しが楽でした
さすがプロやわ

07


で子宮口が9.5センチまで開いたんだけど
なんかが邪魔していたらしくしかも今回もベビーが胎便しているかも、
ってことで今回もトンネルを通って再び病院で出産することに。

私が一番驚いていたかもだけど
7時40分には次男が産まれていました、超早っ!

25

29

55

86

体重3645gで産まれた次男は
REINIER-次郎といいます★


一時間程してから病院の別の個室に移動となり
そこで夜の8時まで休んでから
kraamhotelへ移動することとなりました。



101 118
        病院で出された昼食               病院の個室はこんな感じ

109

そして夕食、去年と同じだ(笑)
でもチキン美味しかった

121 122

123


そしてkraamhotelに移動して就寝、
翌朝、次郎は初めてのお風呂に入れてもらう

127 131

そして朝食

132 133

136 137

139 140

138


そしてこの後午前10時半前に迎えに来てくれたバスと太郎と
4人で家へ帰りました








スポンサーサイト