オランダへの道

日本から連れてきた犬2頭とオランダ人パートナーと2人の息子との生活日記。

10月13日の日曜日に
Uithoorn (アムステルダムの近く)って町にある
日本人経営の魚屋さん「Flying Fish」
にて寿司ワークショップへ参加して来ました

ホームページはこちら ☞ Flying Fish

ここの魚屋さんへは行った事はなかったんですが
日本人の友達は行ったことがあるそうで
話はいろんな人からは聞いて存在は知っていました

オランダへ来てからは日本人って事で
寿司を作れる事を期待されます

初めて作ったのもオランダ、
4年前のバスの誕生日パーティーの時
ひどい出来でした

その時のブログ ☞ verjaardag


日本へ帰って父から教えてもらって
再びオランダへ戻ってからも
何度も失敗していまでは太巻きはなんとか形になるようになりました

今年の初めに自分の参加しているクラブから
寿司ワークショップをやってくれないか、
と頼まれてやってみてとても楽しかったんです
が、やはり自己流、素人です
ちゃんとプロの方から教えてもらいたい
と思いしばらく探していてFlying Fishさんに辿り着きました

さえちゃんも誘ってこの日はバスも子供達と観光をするつもりでUithoornへ来てくれました











少し早く着いたんですが
店主の中村さん、快く中へ入れて下さいました

ここからバスパパと子供達は別行動



お店の中は美味しそうなものでいっぱい
テンション上がりまくり
写真も撮りまくり







そして私とさえちゃんはここで
持参したパンを食べさせてもらいます



おおおお、
これは今回使うネタですねー
さえちゃんとテンションあがっています





そして時間です
この日は私達とオランダ人男性2人の
合計4人でオランダ語と英語まぜまぜのワークショップ





はじめに中村さんの自己紹介と
お寿司のレクチャー



そしてまずは寿司米の調理の仕方から始めます





おお、さすがプロ
ひと手間かけます
基本が違います











プロっ!



出来たての出し巻き卵をいただく
うまい!





そして巻いていきます





どんどん巻いていきます







そして次は握り寿司







おおおお!







デモ終了
ここから厨房にて実践




まんめ~ん(笑)





完成!
おいしそう!
立派な寿司が作れました







みんな作り終わってからは
プロ中村さんがデモで作られた寿司をいただきました✴︎





幸せ~

子供の頃はお寿司が嫌いで
オランダに住んでいたため両親は寿司を食べに行くのが
贅沢な楽しみで連れて行かれると
悪態をついたもんです
今なら海外生活者として理解出来る

当時は今みたいに何処でも「Sushi」が食べれる訳では無く
中村さんのように生粋の日本人の寿司職人が作っていたんですね

とても楽しく、美味しく、そして勉強になった寿司ワークショップでした
次回はこの一つ上のコース参加したい!

そして帰路につきます

子供達は昔の私と違って寿司好き





Uithoornへ到着して店が閉まっているのを見るまですっかりオランダでは基本大きな町以外では日曜日店が閉まっているのを忘れていました
バスと子供達は大ぶりの雨のため観光も出来ず
結局ランチをしてからはずっと車でウロウロして
待っていてくれました
ごめんね。
そして、ありがとうね
おかげで素敵なワークショップに参加出来ました



感謝✴︎
スポンサーサイト
以前テレビコマーシャルで柔道をしている子供を見て
太郎が「これ何?」と聞いてきました
「柔道って言うんやで」
「じゅうどー、太郎したい」と言ったんです
バスも子供の頃から柔道をやっていたし
私の兄もオランダで小さい頃に柔道をしていました
オランダではポピュラーな習い事なんです

9月のとある土曜日に proefles と言うお試しレッスンを受けて来ました





1番乗り
道場へすんなりと入って一安心



この先生、若いんだけどオランダ代表選手です

しかも、イ・ケ・メ・ン





どーだ~(笑)



さっそく和ませる





この日は太郎含む3人の子供達が proefles に来ていました





柔道は体の発育にとても良いそうで
オランダでは大体、
2歳から4歳くらいの子供から習えるそうです

ここのクラブは2歳からok



「おいらも遊びたい・・・」





走り回っている子供達を目の前にして
どうしても参加したくなった様で



その時、次郎も一緒に参加させてあげれば良かった!と反省
そりゃそうよね
一緒にしてみたいわな



ここでバスと次郎はplan B、
同施設内のカフェでソーセージパンとジュース作戦
成功






先生、子供の扱いが上手です

このクラスは2歳から4歳のクラス
どうやって柔道を教えるんやろうか
と興味津々やったんですが

例えば、
「みんなの好きな食べ物は?」
帰って来る答えはいろいろ
スパゲッティ、お肉、ポテトフライ~
そしてここはオランダ、
先生の待っていた答えも飛び出してくる

「パネクック!」


画像はインターネットから拝借

これはクレープとホットケーキに似てて
オランダでは主食として食べます
チーズやベーコン、りんごとかマッシュルーム
最近ではピザにようにいろんな具材を入れているお店も多いです

オランダ名物のこれはくるくると巻いて
ナイフとフォークできちんと切って食べます

そして先生、
「じゃーみんなパネクックになってゴロゴロ転がろうー」

そしてみんなゴロゴロ






次は前転



楽しそうです







そしてここからクッションみたいのを出して来て、
このクッションを死守、
他の子はそれを取る、
そんなゲームが始まる

これがいけなかった



家でも学校でも「je mag niet iets afpakken」(物を取り上げたらダメよ」
と教えられている太郎
まさかみんなで太郎の抱きかかえている
クッションを取るなんて、
結構ここで彼は泣きました



私に「ママ~hij mag niet afpakken」
(ママ~この子もの取ったらダメなのに取ったよー!)と泣きながら訴えていました(汗)

大きくジェスチャーで「大丈夫大丈夫」と言いながら
あまりにも可愛くておかしくて健気で
マジな息子よ、そのまま素直でいてくれと思ったり



でもそのあと、空いてるクッションを見つけて
再び死守(笑)



そして終了!



きちんと黙々と片付けていました





そして今日のレッスン終了





レッスンは40分くらい
このあと工房用のペンキを買いにホームセンターへ寄ったんだけど
太郎はすぐさま、お腹痛いと言い出し
座りたいと言っていたんだけど
帰宅後嘔吐してその日は夜中まで5回いほど嘔吐を繰り返してました
熱は無いんやけどね

そして数回言っていたのは
「hij mag niet afpakken」あの子はとっちゃいけないの」
うーんそうやね
それでバスと2人で、
「あのね、柔道で先生が取り合うゲームだよ!って言ったら思いっきり取り合っていいのよ!そういう楽しいゲームなのよ」と説明をしてみました
そしたら納得していました
すごいわ、3歳児ものわかりが良い
41歳の私よりもよっぽどいい

今回思ったのは、
柔道を太郎がもう一回したい、って言ったら通わせたい
体力も集中力も養われるやろうし
何よりも楽しく体を思いっきり使って
遊べる時間を作れたらいいな、と思いました

翌日に太郎に「柔道楽しかった?」
って聞いたら
うん、って言ったり嫌って言ったり
精神面、体力面でもキツかったはず
なので通うかどうかは一週間おいて
もう一回行きたがったらproeflesへ行かせて
それから決めさせよう、と言う事に決めました
9月7日の土曜日にバスと2人でGroningen (フローニンゲン)へ行って来ました

子供達は前夜にopa omaのところへ連れて行き泊めもらっています
なぜならば、早く出発したかったから

この日の目的は、Groningen州のStadskanaalと言う町であるものをピックアップするため

あるものとは、

これ ☟



wastrog と言うシンク
工房で使いたいんやけど新しいのは高価
数百ユーロはする
それで marktplaats (オランダ版ヤフオクみたいなもの)で
なんと75ユーロで発見
ただし、えらい遠いところでしたが
せっかくなら早めにアポイント入れて受け取り
ほんでそのあとはGroningenの町を観光しよう!ということにしたのです

なんたってGroningenはオランダのてっぺん
" Er staat niets boven Groningen"
(Groningenの上は何も無い、みたいな意味)と言われる場所です

260km位かな家から




でもまずはその少し東の町Stadskanaalへ



家出たのはまだ暗いうち









幻想的な風景でした



そしてStadskanaal到着
ブツを確認して購入して握手して車に詰めて完了!
さー、観光客になるざんす



すぐに教会が見えて蚤の市を発見





地元の人々で賑わっています
わくわくします









特大ズッキーニ!
買おうか迷ったけど家にいっぱいまだ調理待ちの野菜があるのでやめました



今回の収穫は、



薬瓶3つセット
これで50セント!70円くらいだろうか

大好き!蚤の市!
大好き!セカンドハンドショップ!


そしてStadskanaalを後にGroningenへ向かいます



こんなことしちゃいました

マイ・ポテチ



バス・ポテチ



2人一袋づつ(笑)
太郎と次郎には見せられない!



いよいよGroningenです











そしてまずはここのカフェへ来ました



Roezemoesってカフェ




このカフェ1672年の砲撃された時の弾の痕が残っています



観光客チックにお茶してみる









Grote marktにある市庁舎







広場にそびえ立つMartini教会と塔



塔へのエントランスはなんと機械化です



特別なコインを向かいの観光案内所で
購入して
それを入れる



楽しいお土産が沢山ありました





2.5ユーロくらいだったような気がする

そんで登る



これね、私一段一段数えたんです
もう忘れてしまったけど(涙)

高さ100メートル位あるそうです









ここより更に上へも行けます



てっぺん



帰りも同じだけ階段を降りて行きます









市場









そしてGroningen名物のこれ





ナッツ沢山入ったontbijtkoekみたいなもの
アニスやシナモン、生姜、クローブやナツメグなんかが入った
スパイスケーキみたいなもの
ケーキって言ってもちょっと違うんやけど美味しいです

そして昼食タイム



私はうほうほワイン~



嬉しくて仕方ない(笑)❓











2人共同じもの注文
ステーキでした



食後のチョコ



すこしショッピングして



そして帰路につきます













そしてTilburgへ戻って来ました



夕食は2人でさっと私の大好きな wok
を食べました
wok とは自分で具材を選んでタレも決めて炒めてもらって
丼みたいにして食べる
これ美味いねん





そして子供達と再会~

opa omaいつも有難い

早速もう寝る前だけどお土産の
notenkoekを食べてご満悦









有意義➕楽しい一日となりました

感謝!
去年11月中頃から三週間ほど帰国した時の記事の続きです

帰国
8月の終わりの火曜日に
みおちゃんの会社の福利厚生クラブ主催の
絵画教室に誘ってもらい行ってきました

場所は隣町のカフェバーの二階



ちっちゃなミラーボールなんかあって楽しい



ゼブラ柄のエプロンを支給される
かわいい

そしてテーブルにアクリル絵具やらブラシやら
自由に使える



これ先生が教えてくれたけど
全部スーパー安いスーパー「Action」で購入したそう
絵具は高価だからActionで買えるのならガンガン描けるかもと嬉しくなる



1時間ほど経ってから下に降りて外でドリンクとスナックを頂く
これらも全て金額に含まれている
素敵~



そして描き始めて3時間くらい経って終了
みんなの絵を並べる



暗かったのでちょいボケてしまったけど
妊婦みおちゃんの絵!
ファンタジーに爽やかで可愛らしい



私はえび
ネットで写真を見つけてiPadに移して
iPad片手に描きました(笑)





みんなの絵を見てると
刺激になる









とっても楽しいひとときでした
描くのも楽しいんだけど他の人の作品を見るのも楽しい
そして何より友達と一緒に、ってのが最高だね

また是非誘ってね✴︎