オランダへの道

日本から連れてきた犬2頭とオランダ人パートナーと2人の息子との生活日記。

こーんなに踊っちゃいました



(笑)

elf yourself って言うアプリで簡単に作れるよ✴︎
スポンサーサイト
って人物、2週間前のこの日まで知らなかったのですが
バスと私の好きなオランダの番組
College Tour (番組ホームページ ☞ College Tour


のゲストが Malala Yousafzai
Malala Yousafzaiのウィキペディア


この番組、ダライ・ラマやら凄いゲスト来てます

で、番組の司会者がまた良い!

ズバリと質問をするのね
ゴマすらなくて、見ていて気持ち良い
番組はゲストと彼、
そしてインタビューする人物を前週に発表後に
一般の学生に番組参加を募る


そして、この16歳の少女、すごいです


このインタビュー、
オランダの番組ですが
冒頭はオランダ語ですが
それ以降のインタビューは英語です

インタビュー動画 ☞



パキスタン人の彼女



ウィキペディアに詳しく記載されていますが
ざっと説明すると
パキスタン北部 Swat県 にある彼女の故郷は当時タリバンの支配下にあり
2009年からテレビと音楽が禁止され
女の子は学校へ通うのを禁止されてたそうです
女性が買い物へ行くのも禁止され
女性は家に閉じこもって生きていたそうです

当時(11歳)彼女の夢は医者になること
その頃から女性の教育の必要性や権利と平和を訴え続けていきます

彼女は2008年父親と一緒にペシャワルの地元記者クラブにて
タリバン政権によりはく奪されようとしている教育の権利について訴えています

同じ頃BBCもまた、こういう現状を訴えるために有効な手立てを模索する中で
パキスタン在住の女子学生にブログを書かせてそれを報道する方法を検討
現地のコンタクトがMalalaの父親である
Ziauddin Yousafzai にコンタクトをとる

彼は詩人であり、学校経営者であり、教育運動家
でもタリバンが怖くて誰もブログを書きたくない中
Malalaよりも四つ年上の少女が承諾

ただ寸前になり報復を恐れて断り
結局Malalaの父親は自分の娘に偽名で書いてもらうことにする

これでMalalaはさらに欧米諸国で注目されます

2009にパキスタン軍がSwat県からタリバンを追放

その後に政府がMalalaの実名を公表
「勇気ある少女」として表彰
それ以降も政府主催の講演会などで女性の権利を訴え続けます

2012年10月9日彼女は学校帰りのバスの中で
乗り込んで来た男達に銃で頭部を撃たれる

そして犯人逃亡後バスの運転手が病院へ直行一命を取り留める

その後イギリスのバーミンガムへ移送
更に治療を受ける
犯行後にタリバンが犯行を認める声明を出す

彼女はその後回復して活動を更に
深く広く行っている

全く知らなかった私は深く反省
もっとニュースを読もう

で、話はインタビューに戻るけど
彼女の話はなんとも素直で心に入って来ました
ガンジーのようだと思った

インタビューは英語なので是非見てみてー
お兄ちゃん、是非はなと見てみて!!
10月の第3木曜日、行って来ました
楽しみにしていたテーブルエンターテイメント入門のクラス

デンボスっていう
家から40分弱の町
で今後6か月間、月1度行われる
テーブルセッティングとフラワーアレンジメントを学ぶコース

ホームパーティー大好きやけど
いつも思う、なんか「粋」じゃないなー
なんかイマイチやなー
食べる&飲むが大事だからと
昔はそれで良かったけど
最近はシーンに合わせた粋な演出が出来たらなー
と思いつついつも最後には時間に押されて
「どどーんん」てんこ盛り、で間に合わせてしまっていました

今回参加させてもらったcijaさんのワークショップ、
実は彼女のブログを以前から見せてもらっていて
いつもステキなテーブルセッティングやな~
と憧れていたんです
そして今回のワークショップの事を知り
いても立っても入れずに申し込みました

ちなみに、
cijaさんのブログ
オランダ発☆花とテーブルコーディネートのお教室Cijaシージャ

上記のは新しいブログで
テーブルエンターテイメント入門コースの
詳しい内容は以前のブログの
この記事で見れます
テーブルエンターテイメント入門

そしていよいよレッスン開始

まずはレクチャー

そしてナプキンフォールディング





こんなステキに出来ました




その後、いよいよ待ちに待った
フラワーアレンジメント!

オランダって世界の花市場の6割強を占めているそうです

日本の花屋さんで見る花の多くはオランダから空輸されたもの

なのでオランダで花を買うのは日本とは比べものにならない
金銭的もそうだけど種類の豊富さも
こちらの一般家庭では常に花やら植物が置いてあり
しかも上手に活けてはります

オランダに来た当初はいただく花束にうんざり(失礼ながら)したものです
その理由は自分で花をどう花瓶に入れていいか分からない、
どう手入れしていいか分からない、
そんなさみしい理由から

バスと暮らし始めた当初は良く花束を彼からもらいましたが
バスに「花束は欲しくない」と言う程

目の前で無常にも美しい花が枯れて行くのも嫌だったのもあるんですが


でも最近は自分でコントロール出来る範囲内で
市場で好きな花を買ったりするようになって来たんですが
それでもやっぱり一種類、せいぜい二種類くらいしか買えない

どうもアレンジメントが上手くいかないから

話し長々になってしまったけど
今回のワークショップに出会えてとても嬉しいです

先生のフラワーアレンジメントのお手本~



そして色々とtipを教えてもらい
1人1人花を配られる

このフラワーアレンジメントみてテンション
上がりっぱなしです


初回、10月のテーマは
「葡萄色の秋」
色使い、素材がどっキューン





今回一緒に参加したともちゃん
この日の参加者は4名




職人が使う道具、
大好きです



美しい~



いざ!






先生もステキです✴︎











そして、完成!





同じ材料でもみんな違う個性の作品
それが楽しいねー






そして、
テーブルコーディネート



家にある普通の食器でコーディネートする、
と言うコンセプトがまた良い



オランダ人のお宅に食事誘われたら
本当に普通のものを
ステキに上手にコーディネートしているんだな
私もこんな風に出来るようになります様に!





そしてここでレッスン終了

先生作、ぶどうケーキをいただきます





いろんな話しで爆笑して
同じ興味を持つ者たちが集まるわけで
楽しい時間を過ごしました

うーん、来月が待ち遠しい‼︎

そしてその日の夜、





ふほふぉっふぉ





ちなみにね、この美しい葡萄、
予想通り、次郎が翌朝
一瞬テーブルを私が離れた瞬間に食べてしまったよ




ワインを飲みながら葡萄色の秋、最高です