オランダへの道

日本から連れてきた犬2頭とオランダ人パートナーと2人の息子との生活日記。


義妹の誕生日が去年末にありました

彼女も四十代の仲間入り、いらっさ~い🎉

その日の朝、雪が積もって子供達と雪だるま作ったよ
未完成のまま溶けてしまったが



義妹はセンスが良くて、インテリアとか雑貨は特に私のツボハマる感じ、
そしてちょこちょこ模様替えなんかしてるから毎回なんか楽しみなんだ

そしてここの夫婦は何と言っても旦那さんが料理上手!
なのでパーティーなんかはいつもわくわくします❤︎

私たちはこの日、2番乗りでした
今のうちに写真撮りまくり😁



オランダではクリスマスツリーは年が明けて1/6辺りで片付けます
こちらでは生木を使うのが主流です



この日は立食スタイル





兄妹、私と兄も仲良いが、ここもスーパー仲良し★











オランダでは豊富な種類のチーズが手に入ります







このキャベツの様なものは、アーティチョークです
こういうのがなんかヤルコ(義妹旦那)らしい♪





おトイレでも撮るよ~笑



草太のトーマス気に入っているよ~










素敵なパーティーは遅くまで続いたそうです

Van harte gefeliciteerd Petra❤︎



スポンサーサイト

Birdmanを観に行った翌週に
別の友人夫婦と食事と映画デートしました

食事は町にある "all you can eat" スタイルの寿司屋さん、Koi
ここはTilburg で増えてきた寿司屋さんで1番好きです



店の前の道路を挟んだ広場ではその夜から始まるカーニバルの準備



そして、この日は携帯のカメラの調子が悪くて画像が悪くて
数枚しか写真とらなかった



ジャパニーズ・ビジネスマン風に(笑)







そして美味しくいただいた後に二手に分かれて映画鑑賞、

この日はエレン(奥さん)の提案で話題の「50 shades of grey」を観ることに
彼女はこの原作を全て読んでいて去年の映画化の話が出た時から観に行きたい、と言っていた
で、私は本も読まずに挑みます
この原作は「主婦が描いた主婦の為のポルノ」と言われたりもして
いわゆる、官能小説だそうです

で、エレンのご主人、ユルンは間違っても女子ポルノなど見たいはずもなく、
ユルンとバスは別の映画を観ました(笑)

で、ラジオでこの日の朝にこの映画がケニアで上映禁止になったと言っており、
その主な理由はSM的な性描写が多いとかでした
それを聞いて結構ビビってしまってました(笑)
ちなみにマレーシアでも上映禁止になった様です

めーっちゃドキドキ(ビクビク)して観ました





見終わっての感想は、主人公の女の子が可愛かった!
と、心配してた様な怖いシーンはなく、やっぱり良くも悪くもアメリカ映画でした
これ、例えばヨーロッパで作ってたらもっと激しかったかも

そして続編も見たい!

原作のファンのエレンはちょっと不満気だった、
主な理由は、
主人公が恋に落ちる大富豪、グレイの心の描写が小説と比べて浅い
何ページにも渡る性描写が無かった(笑)

主人公を演じているのが、
Dakota Johnson
なんとDon Johnson とMelanie Griffithの娘さん
めーっちゃチャーミングだった




またまた楽しい時間でした、感謝です✴︎





大好きなあーぴーと








因みに、ジロりんがかぶっているのは
私のネックウォーマー



2週間前の金曜日に
友人夫婦と食事&映画へ行きました

cinecittaは数年前に近所のメンバーと行ったきりで
それ以降大改装されたみたい
途中で思いがけず地下に素敵な部屋などが見つかり
予定よりも出費がかさみ
結局Tilburg市が援助したそうな

以前のcinecittaも十分魅力的な映画館だったんだけど
改装後は更に素敵になっていた

ここはちなみにアート色の強い映画や外国映画とかを上映します
日本で言うミニシアターとか単館映画館のようなもので、
間違ってもアメリカの大手ブロックバスター系は上映しません
私はどちらも好きだけど。

で、改装後のレストランがまた雰囲気良かった














そして、私とRoosはメインにアヒルの胸肉❤︎



これ、めちゃめちゃ美味しかった!!
強いて言えば、もっとたくさんあっても良かった

そして男性陣は何故か、

ハンバーガー(映画館だからか)



美味しかったらしいが特に何か特別な感じではなかったそうです





そしてデザートもこれ大正解の

タルトタタン❤︎



そして食後の連れション(笑)

地下にお手洗いがあるんですが、こーん素敵な小部屋がありました



楽屋のような照明、様になるRoos!
あたすには眩しすぎたざんす




そしていよいよ映画を観ます


「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
日本では2015年4月10日から上映されるみたい


予告編





日本の公式サイト 👉 バードマン


入り口にこんなクッションが置かれていて、
ご自由にどうぞ、らしいです










面白かったです


そして入り口の通路が綺麗なので映画の後ちょっと館内散策





そして映画館を後にします



近くのカフェで飲むことに

Kandinsky好きなカフェです



ビール好きにはたまらんはず
いろんなビールが味わえます










そして楽しい時間の後にベビーシッターさんが待つ我が家へ戻りました








去年の冬休み中に録画しておいたアニメ映画
「くもりときどきミートボール2」( Cloudy with a Chance of Meatballs 2)
をクリスマス辺りに見せてからと言うもの、
毎日欠かさず観てます(笑)
全編ではなくても欠かさず観ている

凄いハマリよう

そして主題歌も大いに気に入り(たろじろと私)、鼻歌を歌っている(太郎)
私は初の音楽動画の購入をした(笑)


それが主題歌のこれ、








映画のシーンも織り混ざっていてかわいいよ





なかなか書けなかったこと、


去年の6月13日、スイちゃんが逝きました
そして去年の11月21日、くーろが逝きました


くーろもスイちゃんも沖縄で出逢って
沖縄から滋賀、そしてオランダへと連れて来た
13年間一緒に暮らして来た家族

今でもふっと、もしかして沖縄にずっといたかったんじゃないか、と思う時がある

一生を私に委ねてくれたクロぽんとスイちゃん、
その愛情と信頼に応えられたか、一生葛藤すると思う






頭の良い美人なスィーティー、スイちゃんのあの上目遣いで撫でてのポーズ
高い助走なしジャンプ、声が出ないかと心配した程鳴かないスイちゃんが初めて我が家を守ろうと吠えたあの時の感動、忘れないよ。
甘えん坊で無邪気なくーろ。丁度良い高さの膝や腕を見つけてはすかさず頭を乗っけてその丸い大きな目で見つめるぽりん君。沖縄で病気の捨てられて子猫を看病して抱き抱えて寝てた優しいくろぽん、忘れない。


ありがとう
ありがとう
ありがとう