オランダへの道

日本から連れてきた犬2頭とオランダ人パートナーと3人の息子との生活日記。



あっと言う間に時間が経ってしまって
もうすぐクリスマスだわ
その前に太郎の Sinterklaas 体験をアップしときます

オランダでのSinterklaasとは、
セント・ニコラース(聖ニコラス)の聖名祝日の前夜(12月5日)に祝うもの
オランダでは通称セント・クラース(sinterklaas)で通ってます

Sinterklaasは通常11月の中旬の土曜日に
スペインからオランダに船で上陸、
その後オランダ各地を巡ります

彼のお供には白っぽい馬と
Zwarte Piet(黒いピート)
これは奴隷だと言われてますが
最近の風潮で人種差別にならないように、
煙突を降りてプレゼントを子供に置いていく時に
ススで黒くなったと説明しているところもあるらしいです

で12月の5日の晩に子供たちは
靴下とか靴に人参や藁(お供の馬の為に)手紙や水を置いて
sinterklaasの歌を歌って眠ると翌朝に
人参やらの代わりにプレゼントを
sinterklaasが置いて行ってくれます


sinterklaas


こちらから画像借りました
(ニコラースのスペルはいろいろあって、オランダ領の方でこのスペルが多いようです)


ただし、悪い子にはムチが送られ
zwarte pietが持っている袋に詰められてスペインに連れ去られてしまいます
(今の私はそれでお願いします、って気分ですが・・・

なので11月中旬からは何か悪いことすると親は
「sinterklaasはプレゼント持ってきてくれないよ」がお約束です
私も子供のころ大好きなお祭りのひとつで、
両親が家にsinterklaasを呼んでくれた時はどっきどきでした



で、今回バスの会社で子供のいる人達の為に
パーティーを主催していたので参加してきました

車中、まだ太郎は分からないと思うけど
なんだかワクワクしているみたい←私の方か(笑)

113

会場到着、sinterklaas一行が到着するのを待ちます

118

で、sinterklaast達、到着

128 131


zwarte pietと!
目が青いんだなぁ

123

会場到着したと同時にもらった名前シールがなんだかかわいかった

127

133

134 137


0
zwarte pietがお菓子をばらまいて、それを子供たちが集めるんだけど
小さい子にはこういう風に入れてくれる(パーカーの帽子部分)
もちろん太郎はまだ食べれないので私達が頂きました、ほほほ

148

146

sinterklaasの杖が気に入ったみたいで握ってました(笑)

145


子供一人一人の名前を呼んで話したりプレゼントを手渡したりするので
結構時間がかかります
なのでちょっと休憩

139

あ、呼ばれました!

140

149

150

ちゃんとEwoud-Taroとなってました

177

集中すると口がとんがります(笑)

181

186

しえー、オムツも替えますよ

193

パーティー終了、会場はこんな状態

154

さ、楽しかったですが、帰ります

198

車の中で遊んでいる握ったまま眠りました(笑)
楽しい夢みているといいなぁ

201

あ、あきちゃんからいただいた
nijntjeのknisperboek大好きみたいだよ、ありがとうね♪


プレゼントより周りの紙の方が楽しいようで、
かなり時間かけて破いているので
結局プレゼントが出てきたのは帰宅してから(笑)

203

こういう子供イベント、自分自身オランダで経験しているからか
童心に戻って楽しめました


来年も楽しみだ





スポンサーサイト
コメント

国によっていろんな行事があるねe-420

それにしても、集中すると口とがるって…
めっちゃかわいい~~e-328

車で眠ってる写真・・・
夢の中でも集中してるっぽいね(笑)
2010/12/17(金) 16:41:26 | URL | bamboo #- [ 編集 ]
bambooへ
本当やね国によっていろいろあって面白い
意外と根が深くて歴史的な背景とか
少し調べるだけでとても興味深いよ

口、かわいいよね
結構狙っている時とかもあんな口

遊び、おいでーさー!
2010/12/17(金) 19:30:24 | URL | bambooへ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://basyumi.blog42.fc2.com/tb.php/159-f4922572
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック