オランダへの道

日本から連れてきた犬2頭とオランダ人パートナーと3人の息子との生活日記。

去年末、子供達をベルギーの実家へ一泊で預け
バスと私は一日を2人で楽しもう!dayにしました

前から行きたかったライデンへ行くことにしました



新旧ならぶ風車









まずは腹ごしらえ
寒いので、
ホットチョコ★









そして



Museum volkenkunde 国立民俗学博物館

今回の目当ては北米、カナダのインディアンのエキシビション

エントランス



クリスマス後だったのでツリーもあったよ



道順に進んで行く途中はインドネシアの展示室



並べ方がスッキリしててで良かったです



そしてテンションが上がるよー、
今日のお目当て☆







これは子供達の作品





上記の写真は実際に1882年以前に使われていた踊る時の前掛け

ついているのは鳥のクチバシだそうです、
体を動かせると当たって音がなったそうです
もしかしたら雨乞いの踊りなどに使われていたかもですね





そして壁が一面動画が流れている部屋では
興味深い現在のインディアン(原住民)の生活や問題などのドキュメンタリーが流れていた



そして現代のトーテムポール
これ、このエキシビションのために作られたもの、
高さ8メートル!





海を超えて運ばれて来たようです

作った人が言っていたんですが、
いろんなシンボルを彫り込んでいて、
そのうち数個は自身の子供達へのメッセージも刻まれているそうです

すてき



私も子供の頃からインディアンが大好きで
カーニバルではインディアンになれてとっても嬉しかったのを思い出します

今でも心の何処かに当時の彼らへの憧れ心がある気がします


そしてはるばる中国から来たテラコッタ達

兵馬俑



そして日本の大仏さんも



帰りにエントランスのツリーの下のプレゼント、
ナショジオの雑誌(自由にどうぞ~)
を数冊いただきました







この後は私は初めて行く
シーボルトハウスへ





ハウス内の受け付け兼ショップ



コートを掛けるとこに置いてあった(笑)







このテーブルの上の魚は映像です
ハイテク

そして地下室もそのまま



現在はコーヒーコーナー







セルフサービスのコーナーで
コーヒーや紅茶が無料でいただけます

子供が遊べるようにオモチャや絵本なども置いてます

そして再び上へ

ここはシーボルトが日本から持ち帰ったコレクションがギッチリ入った部屋



動植物の標本や剥製、地図なども沢山あります



地図と言えばシーボルト事件
シーボルトの帰国する直前に先発した船が難破して
積荷の一部が日本に漂流し、
その中から当時は国外への持ち出し禁止の日本地図が見つかり
シーボルトは国外追放の身となる





そしてこれこれ
ご存知、オタクサ
シーボルトが愛した楠本滝と言う女性
からちなんでそう命名したそうな









写真は撮ってないけど、
剥製の中にシーボルトが日本から連れて来た愛犬と日本猿がいたの
遠くからよう来たなーと同国の先祖を見てる気がして
胸が熱くなったよ

そしてシーボルトハウスを後にする


ちなみにこの後シーボルトについていろいろ調べていたら
ドラマの「JINー仁」に行き着いて
なんと4日間で全話+続編全話を一気見した(笑)
日本のドラマは見ない方やけどおもろしかったです
泣いたぜよ


駐車場までへの途中で大感動の鳥のショー





そしてさらに他の群れが参加して
巨大になっていました!







10分ほど立ち尽くしていました(笑)

くーろとスイちゃんの散歩に間に合わせる為にTilburgへ戻ります



オランダではこう言う天気を
「honden weer」(犬の天気)と言います
犬でも外へ出たくない天気とかいろいろ語源はあるようです



そして散歩を済ませてから再び町へ
この日の夕食はインドネシア料理







この日は2人同じメニュー







激ウマでした

今のところ、Tilburgで1番好きなレストランはタイ料理のジャスミン
2番はここだな

この後本当は映画を見る予定やったけど
眠くてやめました(笑)

楽しい一日でした★

感謝
スポンサーサイト
コメント

そのJINの坂本龍馬役の内野聖陽さんはすごく好きな役者さんなの。
ご贔屓に~(^.^)
2013/02/20(水) 21:04:38 | URL | Hiromi #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
龍馬役カッコ良かった、
了解!
2013/02/27(水) 18:13:44 | URL | hiromiへ★ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://basyumi.blog42.fc2.com/tb.php/235-77cb0a40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック