オランダへの道

日本から連れてきた犬2頭とオランダ人パートナーと3人の息子との生活日記。

ちょっと前ですが、
3月の末に一週間、
姪のはなが1人でオランダに遊びに来てくれました





長旅でも笑顔はかわいいね~

でもやっぱり眠いよね(笑)



家に到着、沢山のお土産を持って来てくれていました





翌朝、





そしてお昼にはおむすびを作るのを手伝ってくれた
いいの~女の子



この日は一緒に太郎の学校へ行って後は家でのんびりしました

翌日は太郎はomaのところへ預けて
次郎と3人で町へ出かけました

グミ大好きなはな、
友達用と自分用のお土産を買いにお菓子屋さんへ



嬉しそう(笑)

そして初めてオランダで自分でお買い物~



そして洋服も買いに行き、お腹が空いたので
私の好きなwok屋さんへ
ここは自分で好きな具材を選らんでソースも決めて炒めてもらう
そこにご飯とかチャーハン、
麺なんかをチョイスしてその上に炒めてもらった具材をかけてもらう

これが美味いのだわ

次郎は爆睡中



ほほほ、やっぱり私の姪です(笑)



彼女は海老と野菜、麺で



私は激辛のチキンと野菜とご飯で







そして買い物済ませてから駐車場へ戻り帰宅



そしてその翌日は妹の家へお茶しに行きました

この2人、はとこ?



そして夕方前に近所さんの所へ遊びに
ここには
はなよりも一つ年上の女の子が住んでいます



そしていつもクーロとスイちゃんの散歩へついて来てくれた



翌日は午前中に買い物へ、











そしてこの日のランチは数ヶ月前から計画していたミシュラン★ランチ
ミシュラン★ランチ
のためにバスと私は出かけて
はなと太郎次郎は opa & oma に見てもらいました



この日の夜はオランダ名物のフリッツ(ポテトフライ)



この翌日ははなと2人でEfteling と言う遊園地へ行きました

エフテリング

エフテリングはオランダで1番規模が大きく、
世界でも最も古い遊園地の一つで、
1952年からあるそうです



この日はめーーーーっちゃ寒い日でした

この日はさえちゃんの妹さん家族がスイスから来ていて一緒にエフテリングで合流



目光ってるのはさえちゃん&キッズ







ここの遊園地ははなのママのあっこちゃんとあっこちゃんの家族がオランダ在住中に連れて行ってもらった思い出の場所
そこへ25年後くらいに娘のはなと来れるなんて素敵!





そしてランチ~



はなはシュニッツェル



私は肉と野菜を煮たものとポテト



美味しいわー



みんなでパチリ



そして昼食後に更に遊ぶ



アントン・ピック(1895-1987)はオランダの著名な画家

両親の影響で私も大好きな作家

こういう作品、


(アントン・ピック博物館より借りました)


彼がこのエフテリングのデザインを依頼されて、
1952-1974までの間の全てをデザインしたということで
彼特有のおとぎ話チックでちょっと不気味で
なおかつロマンチックでノスタルジアを感じる作風があちこちに散りばめられています

上記の表現はWikipediaからです







この後に海賊船に乗る



これが相当怖楽しい



てっぺんでは写真撮る余裕ゼロ!(笑)



二回も乗ってはなは元気いっぱい
私は酔いました(笑)

なのでこれ☟は1人で乗ってもらった
楽しそう~







沢山遊んで帰ります



夕食ははながサラダを作ってくれた







はなの大好きな海老~おいしい~!




そして後半に続く
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://basyumi.blog42.fc2.com/tb.php/265-80acffa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック